司法書士の仕事とは?

私の勤め先は不動産関連事業の部門があり、司法書士の仕事って土地の登記をするものだと思っていました。

私が無知だっただけなのですが、地元浜松の親類の相続手続きの際に様々な財産相続の手続きを司法書士が行っていたのを見て、ああそうか、司法に関係する手続き全般を行うんだなとこの歳になってようやく理解した感があります。

よく考えてみればたしかに財産というものには土地も含まれています(地方都市の場合は)し、不動産というのは法律と利権の塊のようなモノなんだなと考えると、よく判ります。

浜松の親類の手続きでは、元々故人が法律事務所に遺言書の作成を依頼しており、それから十年ほど経過して親類が亡くなり、長男が財産を相続しました。

その時に行った手続きは地元の土地の名義変更はもとより、預金やその他の財産すべてについての権利を後世に移行する為聞いたことも無いような届出をたくさん提出する必要がありました。

それらをすべて一括して行えるのはやはり、その道のプロなのだと思います。

もちろん、土地などはなあなあで所有者が無くなっても子孫が住み続けたりしていることがよくあるそうですが、法律的な手順を踏んでいないと実は今生きている誰のものでもない状況になってしまったりするのです。

そうなってしまうと法律は平等に所有権を主張する人間を扱いますから、先祖代々の土地や財産が他人にとられてしまう事もあるというのです。